· 

温活のススメ

こんにちは、50代からもう一度輝けるエステティックサロン「Beauty space  Lucina 」です。

 

周りの山々も、赤や橙などの紅葉が綺麗な季節です。

この時季は、朝夜と日中の気温の変化が激しい為、風邪を引く方が多いようです。

その原因ひとつとして、平熱が低いと言われますよね。

だいたい、体温は36.89分〜37度が平熱と言われるそうです。

もし、体温が低いと、風邪をひきやすいどころか、免疫力が弱くなり癌になりやすくなります。

 

体温が高い人ほど、食べ物を効率よく、体の熱エネルギーに変えている

=代謝がいいということになります。

 

 

体温を上げることで、体のすみずみまで、血液が行き渡り、お肌への栄養と酸素が供給され、

また老廃物などのいらないものが静脈に流され、代謝があがります。

 

もちろん、ダイエットにも最適な方法です。

 

健康、美容のために、体温をあげましょう。

 

最近は体温を上げる活動を、温活といっているそうです。

 

<温活のすすめ>

1、体を動かし温める

筋肉を動かすことによって、体温があがります。

体の発熱機ですので、しっかり動かしましょう。

ストレッチや、ウォーキングなどもおすすめ。

苦手な方は、エステティックなどで、しっかりマッサージもおすすめです。

 

2、食べ物で温める

身体を温める食べ物でしっかり、温めましょう。

 

身体を温める食べ物

根菜類・・・・里芋、かぼちゃ、ごぼう、にんじん、玉ねぎ、ねぎ、れんこん、

赤みの肉・魚、豆類、卵

生姜は、乾燥生姜を。生生姜は反対に身体を冷やします。

 

発酵食品なども温まります。

酵素で、しっかり代謝をあげよう。

 

コーヒーなどのカフェインが入ったものや、

スムージーなどの冷たい飲み物などは体を冷やします。

ルイボスティーやスープで体を温めましょう。

 

3、お風呂でしっかり、温める

もちろん、湯船でしっかりつかって温めると体の中までしっかり温まります。

さっと、シャワーですますより、お気に入りのアロマのオイルを入れて、じっくり温めて

当店では、ハーブテントがございます。

是非、お試しどうぞ

 

4、腹巻などで温める

サポーター、腹巻などで暖めよう

夜寝るときにお腹が冷えやすい方は腹巻を

足が冷えやすい方は、サポーターを

 

 

 

体温をあげることは、お肌にもダイエットにも、おすすめです。

 

ルキナHPはこちら

↓ ↓ ↓

Beauty space Lucina (ルキナ) 

 

広島南区エステ ルキナはの大人の女性のためのプロフェッショナルな本格的なエステです。

お客様との出会いを大切にし、色んなお話のなかで、

お肌やボディーのことは、勿論、お客様の生活や、食事、習慣などアドバイスをさせていただき、

無理なく生活のなかに取り入れていただけるサポートをさせて頂きます。

また、アロマやメイク、カードリーディングなども行なっておりますので、

メイクのやり方や、少しでも日頃のストレスなども忘れ、心地よい時間を

過ごしてしていただけたらと、思っております

 

INFA国際エステティック連盟 国際ライセンスゴールドマスター

エステティク業勤続37年

内富由英